アーカイブ : 2011年 8月

Twit Time-Twitter規制解除時間割り出しプログラム- v1.50 公開~

どうも、hide92795です
夏休みも終わってしまうよ・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン
今回の更新点は、
・「つぶやく」ボタンの追加
です
見た感じの通り、割り出しの結果を直接投稿することができます。
結果の後ろには、自分で自由に入力することができます。
今回の更新でTwitterにアクセスするためのキーを変更したため、
以前のバージョンのTwit Timeは使えなくなる可能性があります
また、キーの変更に伴い、ユーザーごとの認証キーも変更になるので、
アカウントの設定も引き継ぎができなくなるかもしれません
念のため、アカウントの設定のみ初めからやり直しをお願いします
設定ファイル(setting.properties)は以前のバージョンのものが使えます。
ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします(m´・ω・`)m
ダウンロードはこちらから↓
http://hide92795.blog27.fc2.com/blog-entry-41.html
ではノシ

PC自作!

どうも、hide92795です
8/11日に初のPC自作を行いましたw
友達と朝から秋葉原でパーツを買ってきましたよw
今回使用したパーツは
・CPU
Intel Corei7 2600K
・マザー
ASUS P8Z68-V
・メモリ
Micron 4GB*2 *2(計16GB)
・電源
サイズ CELLSTER EPS-1270(P) (700W)
・ケース
Antec DF-85
・グラボ
玄人志向 RH6870-E1GHW/DP/OC (ATI RADEON HD6870)
・ディスプレイ
三菱 RDT233WX(BK) (23インチ ノングレア)
・ドライブ
Pioneer BDCS02BK
・HDD
日立 H0S03191 *2 (2TB*2)
・OS
Windows7 Professional 64Bit
・マウス
Logicool Wireless Mouse G700
・キーボード
Logicool Wireless Illuminated Keyboard K800
他にはカードリーダーと3.5インチベイを5インチベイに変換するやつ
合計で16万円くらい
コスパはいいほうじゃないかなと思っていますw
背面のケーブルもディスプレイのHDMIとディスプレイと本体のコンセントの計3本だけですw
diy_computer_1
↑ケースの中身
diy_computer_2
↑全体像
んで、肝心の性能
↓Windowsエクスペリエンスインデックス
diy_computer_3
HDDの5.9っていうのが痛いですねw
SSDのRAID0とかにしたら神になりそうですwww
もうひとつ、ちはやローリングでの結果↓
diy_computer_4
SS判定が出ましたwww
PCMarkとかもやりたいんですけどめんどいんですよねw
ではノシ

Twit TimeをAndroidに移植しようかな?

どうも、hide92795です
このブログのアクセス解析とか見ているとよくceronとかのツイートをまとめているサイトが出てくるんですよ
まぁ、そこでよく「PCだけなのねー」的なツイートを見かけたので
Android版Twit Timeを作ろうかな~
と思ったわけですよw
あ、iOS版はMac買わないとダメだから無理かな?www
Androidのアプリはjavaで作れるので、あとはGUIやその他細かい部分のコードですね
んで、一番困っているのが値段の設定なんですよ
もちろんフリーで出した方がいいと思うんですが、
Androidマーケットに出品するための登録料っていうのがあるらしくて、
初回だけですけど25$(約2000円)かかってしまうわけですよ
流石に学生にはでかい出費だなーというわけなんですよwww
今考えているのは、機能制限した無料版と制限なしの有料版が一番いいのかなーと
やっぱり難しいですね(´・ω・` )
ちなみに、機能制限版では解除時間の割り出し。制限なし版だとそれに規制まで何ツイートとそれぞれの結果を指定したアカウントでつぶやく というのが頭の中のビジョンです
とりあえずはAndroid版のアプリを先に作らないとどうしようもないんでね、作ろうと思いますw
割り出しとかの結果を投稿する機能は次のバージョンで搭載する予定です
他にも追加して欲しい機能とかあったら言ってくださいな
ではノシ